シロメルは加齢が原因の赤ら顔にも効果的か40代50代の方の口コミ調査

シロメル(shiromeru)

シロメル(shiromeru)

 

シロメルは赤ら顔の悩みにアプローチする化粧水です。赤ら顔はタイプによってその原因は異なりますが、ここでは加齢による赤ら顔にスポットをあてて40代50代の口コミから効果を調査しました。この記事を読むとシロメルが年齢肌の悩みのひとつである赤ら顔にも効果的な化粧水であるのかがわかります。

 

シロメル(shiromeru)の公式情報サイトはこちら

 

加齢による赤ら顔の原因とは?

赤ら顔は一般的に毛細管の拡張や敏感肌、炎症などの肌トラブル、または心因性によるものが原因となって引き起こされます。

加齢により赤ら顔がひどくなるというのは、肌の衰えにより赤ら顔を引き起こしやすい肌状態になっているからにほかありません。

  • 肌の水分量や皮脂量の低下により潤いがなくなりカサつく
  • 肌の再生機能(肌サイクル)が遅くなることでトラブルが起こりやすい状態になる
  • 加齢により表皮からコラーゲンやエラスチンが減少するため表皮自体が薄くなり毛細血管が透けて見える
  • 肌トラブル以外の原因としては更年期によるホルモンの減少によるほてりやのぼせ

シロメルの口コミ!赤ら顔に悩む40代50代

悪い口コミには肌に合わなかったという声もあり

42歳
赤ら顔もケアのために購入。期待をしていたのですが私の肌には合いませんでした。痒みがでたので使用を中止しました。

48歳
赤みへの即効性はありませんね。使い続けて様子を見ます。

ここまでが口コミです。(個人の感想)※著作権の関係から内容はそのままで修正し掲載しました。

シロメルは敏感肌の人でも使いやすいように処方されていますが、個人差があるものなのですべての敏感肌の人が使っても大丈夫とは言い切れません。心配な場合はパッチテストを行ってから顔に塗るようにしてください。

良い口コミでは赤みへの効果を確信する声

40歳
肌の調子が良くないときに赤みが出やすいのですが、シロメルを使うことで肌が落ち着いてくれます。敏感肌なので和漢エキス配合や10種類の無添加処方が嬉しいです。これで肌の不調によりストレスが軽減できればと期待を込めて続けてみます。

43歳
私は刺激があるとすぐに赤くなるタイプ。洗顔後も赤くなるので化粧でごまかしていました。この赤みは簡単には解消できないだろうなと思っていたので半信半疑ではじめました。でも、これはお風呂上がりの真っ赤な肌も鎮めてくれたので驚きました。

50歳
両頬のチークしたような赤みが年々気になっていました。赤ら顔専用ということで毎日せっせと使ってみましたが、最初はあまり変化なく期待はずれ。でも、2週間後くらいから肌の調子が良くなりました。くすみのある赤みはまだ消えていませんが少しずつ薄くなっている感じです。保湿力も最初はわかりませんでしたが、今はこの化粧水だけでかなり潤っています。

ここまでが口コミです。(個人の感想)※著作権の関係から内容はそのままで修正し掲載しました。

赤ら顔専用の化粧水は通院して薬をもらったりやレーザー治療に比べるとお試ししやすいというメリットがあります。

肌の状態によっては病院治療を優先する必要もあるかもしれませんが、まずは自分でケアしてみたいというときはシロメルはおすすめです。

実際に化粧水で効果を実感している人も多いので、試してみる価値は十分にあると思います。

赤ら顔だけでなく、肌が敏感になりやすい季節や更年期や生理前の肌がゆらぎやすいときにも使いやすい化粧水という印象を受けました。

シロメルの赤ら顔への効果は徹底したエイジングケアによるもの

シロメルには加齢によって弱くなった肌を健康にするために、乾燥のサポートやバリア機能を正常化を促す成分が配合されています。

■ エイジングケア成分

  • ヒト幹細胞エキス
    シロメルにはEGFをはじめとした成長因子が豊富に含まれており、細胞の活性化に関わりが深い成分として注目されています。
  • ヒト型セラミド成分
    セラミドは肌の保水に関わる細胞間脂質のたいせつな物質です。ヒト型セラミドはセラミドのサポート成分として肌の水分量を守る働きが期待できるのです。
  • アルテロモナス発酵エキス
    海のヒアルロン酸ともいわれるアルテロモナス発酵エキスは過酷な環境ストレスから自身を守るためのバリア成分を生成。これにより大気汚染等による肌の老化を防ぐ効果が期待できます。

■ その他のサポート成分

  • 4種の和漢エキスが荒れた肌を優しく整える

・オタネニンジン根エキス
・オウゴン根エキス
・マグワ根皮エキス
・ショウガ根エキス

  • 6種の植物成分がハリやキメをサポート

・アルテア根エキス
・カミツレ花エキス
・トウキンセンカ花エキス
・キュウリ果実
・アロエベラ葉エキス

スキンケアはきちんと行っていると思っても実はマイナスになっていることもあるので、赤みが気になりだしたらこれまでのスキンケアを見直してみることも必要です。

 

➡本気で赤ら顔のケアに取り組む!シロメルの詳細はこちら

 

治らない頬の赤みは皮膚科に相談したほうがよい

ここまで、加齢による頬の赤みにシロメルをおすすめしてきましたが、長引くような頰の赤みは皮膚科に相談するようにしてください。

赤みにはいろいろな原因があるので自分の肌が今どのような状態なのか専門家にきちんと見てもらうことは大切です。

また、現在使っているコスメが肌に合わなかったり、改善のためにとやっていることが逆効果である場合もあります。

例えば、毛細血管を収縮させるために氷を当てる といった方法。

良さそうな感じがしますが、皮膚科の先生によれば冷却することで一時的に収縮するだけだし、氷によって肌にダメージをあたえるのでやめたほうが良いとの意見もあります。

赤ら顔にはビタミンCが効果的であると紹介されていたりしますが、これもまた刺激が強すぎてかえって赤みの原因になることもあります。

皮膚科での赤ら顔の施術ではレーザー治療が使われますが、それ以外の方法もあるし、塗り薬や保湿剤で治療していく方法もあります。

何よりも一人で悩んでいるよりは専門家の指導を受けて対処していったほうが精神的な安心感が得られますよね。

シロメルは返金保証付きの公式サイトが安心

シロメルは楽天やAmazonにもありますが、特に安いという値段ではありません。

もし、これから購入するか迷っているのであれば公式のお得な定期お届けコースがおすすめです。
こちらは初めての方限定の特別モニターなのですが、初回73%オフの1800円(税別)で試すことができます。

定期コースなので最低3回以上の継続がお約束となりますが、3回の受け取りで合計12680円(税別)

赤ら顔の場合は敏感肌の方が多いため、はじめてで不安という人のために返金保証制度もついています。

それでも定期購入は不安という方は通常購入がおすすめ。少々高くても単品で購入してみて効果やコスパを考えてみるというのもありだと思います。

 

➡返金保証制度あり!シロメルの公式サイトへ

 

タイトルとURLをコピーしました