ビオテラスCセラムとニベアを併用する使い方は年齢肌にも効果あり!?

ビオテラス Cセラム(VIOTERAS)

ビオテラス Cセラム(VIOTERAS)

 

ビオテラス Cセラム(VIOTERAS)はエイジングケアコスメとして人気急上昇中の商品です。そこでコスメ番長(推定45歳)がさっそくその実力をチェック。また、ニベアと併用することでさらに効果的という記事もみつけました。

ここではビオテラス Cセラム(VIOTERAS)の実力とニベアとの併用についてわかったことをお伝えしています。

 

ビオテラス Cセラム(VIOTERAS)の公式情報はこちら

 

ビオテラスCセラムとニベアを併用する使い方は年齢肌にも効果的か?

ビオテラス Cセラム(VIOTERAS)の効果はニベアとの併用でさらにアップできるものなのでしょうか?

ネット上で伝えられているニベアと併用する使い方には二通りありました。

  1. ビオテラス Cセラム(VIOTERAS)とニベアを混ぜてパックする
  2. ビオテラス Cセラムを塗った後にニベアを塗る

しかし、1の方法については疑問があります。

そもそもとろみのあるビオテラス Cセラム(VIOTERAS)と油性のニベアが混ざりあうものか?
ニベアと混ぜることでビオテラス Cセラムの高濃度のビタミンCが薄められてしまうのではないか?
油性のニベアがビオテラス Cセラムの成分の浸透を妨げるのではないか?

ビオテラス Cセラムと混ぜることでニベアのほうは高級クリーム感が増すかもしれませんが、ビオテラス Cセラム(VIOTERAS)にとってはデメリットしか感じられません。

 

一方、2の方法は

ビオテラス Cセラム(VIOTERAS)を肌に浸透させた後に乳液やクリームでうるおいを閉じ込めるという意味です。

ニベアには油分がたっぷりと入っているのでこれでフタをすれば肌の角質層に浸透したビオテラス Cセラム(VIOTERAS)の成分を蒸発させずにしっかりと肌の内部に留めておくことができます。

以上のことからビオテラス Cセラム(VIOTERAS)をニベアと併用して使うときは混ぜずに2ステップで使用することをおすすめします。

なお、この方法はお手持ちのクリームや乳液でも十分できます。

ビオテラス Cセラム(VIOTERAS)に期待できる4つの効果

ビタミンC高濃度原液であるビオテラス Cセラム(VIOTERAS)に期待できる年齢肌への効果は大きく4つあります。

毛穴を引き締める

加齢により肌にハリがなくなると毛穴が縦に伸びたり、乾燥で毛穴が目立ってきたりします。また、古い角質が毛穴に詰まると黒いポツポツになったり・・・

ビオテラス Cセラム(VIOTERAS)はそんな毛穴の悩みにアプローチ。開いた毛穴をキュッと引き締めて毛穴レスの陶器肌へと導いてくれます。

シミやくすみのケア

ビオテラス Cセラム(VIOTERAS)は肌が生まれ変わるリズムを整えてくれるので、肌の表面に溜まっている古い角質やメラニン色素を効率的に押し出してくれるのです。

肌荒れの予防

ビオテラス Cセラム(VIOTERAS)の保湿効果が肌のバリア機能を高め健康な肌へと導きます。

ハリのある肌へとサポート

年齢とともに肌のコラーゲンが減少することがたるみの原因となります。ビオテラス Cセラム(VIOTERAS)はコラーゲンの生成を助けてくれるので肌のハリや弾力を蘇らせる効果が期待できます。

エイジングケア効果を支える3つの成分

ビオテラス Cセラム(VIOTERAS)の最新型のビタミンC誘導体2種とコエンザイムQ10が年齢肌にアプローチします。

■ 抗老化型ビタミンC誘導体(Amitose 3GA)
Amitose 3GAはエイジングケアに多角的にアプローチする進化型のビタミンC誘導体です。

  • メラニン生成抑制
  • コラーゲン産生促進効果
  • 高い保水量


■ 即効性浸透型ビタミンC誘導体(APPS)

APPSもまた水溶性の即効性と油溶性の浸透力をあわせ持つ進化型のビタミンC誘導体です。
これまでの水溶性のビタミンC誘導体の100倍以上の浸透力で肌のすみずみまで速やかに浸透します。※角質層まで

従来のビタミンC誘導体は敏感な肌には刺激を与えることもありましたが、ビオテラス Cセラムの進化型ビタミンC誘導体はどちらも十分な効果を発揮できるギリギリの濃度で配合されているので敏感肌にも優しい処方となっているのです。

 

■コエンザイムQ10
ビタミンC誘導体との相性が良いコエンザイムQ10を配合することでさらにパワーアップ。肌細胞を活性酸素からしっかりと守ってくれます。

ビオテラス Cセラムは口コミでも高評価

ニベアと併用したという口コミを探してみたらYHOOの知恵袋にありました。

私のオススメの使い方はCセラムとニベアを混ぜること。こうすると高級クリームのよリも効果的に美容・保湿ケアができます。手のひらにビオテラス Cセラムを2・3滴とってニベアと混ぜて肌になじませると翌日の肌のキメの細やかさが違います。肌全体のトーンも上がるので気分もアップしますね。

混ぜて使うことに関してはで個人的にはマイナスしか感じないのですが、ニベアをお持ちであれば一度試してみても良いかもしれませんね。

その他の口コミをみていきましょう。

42歳
これまで特に変化のないスキンケアを惰性的にしていましたが、ビオテラス Cセラムに替えてからお手入れが楽しくなりました。肌がもちもちするのでメイクのノリもすごくいいです。

40歳
この歳になりエイジングケアに力を入れようと思い評判の良いビオテラス Cセラム(VIOTERAS)を購入しました。結果から言えば毛穴が目立たなくなり肌がなめらかになりました。母にも勧めましたが最近肌の調子がよいと喜んでいます。

52歳
乾燥肌なのでファンデがうまく乗らず白く浮いていました。ビオテラス Cセラムをとりいれるようになってから白浮きせずファンデも少量で済むようになりました。

ここまでが口コミです。(個人の感想)※著作権の関係から内容はそのままで修正し掲載しました。

ビオテラス Cセラム(VIOTERAS)の口コミは全般的に高評価のものが多いのですが、中にはシミやシワへの即効性がイマイチというものもあります。

トラブルのある肌が健康肌に生まれ変わるためには土台から立て直す必要があるためすぐに変化を望むことは難しいかもしれません。また、年齢によるターンオーバーの期間の長さも関係するので、悩みがある肌の場合はじっくりと取り組む必要があります。

これはどのスキンケアにもいえることなのでこれが良いと決めたらある程度の期間は続けてみたほうがよいでしょう。

ビオテラスCセラム(VIOTERAS)の販売店と値段を調査

ビオテラス Cセラム(VIOTERAS)は楽天やAmazonでも販売していますが、7900円~8980円と高額です。

公式サイトならトライコースで62%オフの2980円(税別)で購入できるのでこちらが最安値と見て良いでしょう。(ちなみに送料も無料です。)

定期コースだと2回目以降も25%オフの5980円(税別)となるのでお得がずっと続きますが、数の条件はないので続けるもの初回だけで解約するのも自由です。

こういったキャンペーンは突然変更になることも多いので、ビオテラス Cセラム(VIOTERAS)が気になっている方は早めに公式サイトをチェックしてくださいね。

 

➡ビオテラス Cセラム(VIOTERAS)の公式サイトはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました